Shopping Cart

カートは空です

買い物を続ける

【テスト】探し求めていたリュックがここに!ほしかった機能がすべて揃う!

¥25,000

昨年Makuakeにて冬の新定番を提案したカポックノットから、家で過ごすことの多い今年の冬にぴったりの新商品が発売されます!

その軽さは着ていることも忘れるほど、
たった500gでダウンの暖かさを実現した
エアーライトジャケットです。

 

 

 

 

 

 

 

1)新素材カポックたった500gでダウンの暖かさを実現

2)傘の20倍の耐水圧!植物由来のコーティングで全天候 使用可能

3)農園から洋服完成までを自社管理「Farm to Fashion」モデル
驚きのコスパを実現!


 

 

ブランドの名前にもなっている、「カポック」。
私たちは特殊な加工技術でカポックをシート状に加工し、中綿として使用しています。

・従来のダウンジャケット - 約800g-1kg
・カポックノットのフードジャケット - 約500g

なんと、従来のダウンより遥かに軽いんです!その軽さなんとペットボトル1本分!

ではこれがどれだけ暖かいかというと...?

※3度環境の中、着用1分後の状態

カポックノットの製品が、ダウンと同じだけ暖かいのが一目瞭然ですね!

 

 

 

従来のダウンは雨に濡れてしまうと、1~2日乾かさなければ、
羽毛がヘタってしまい、防寒能力が著しく低下してしまします。

しかし、カポックノットのジャケットは
特殊4層構造で雨がしみにくく、傘の20倍の耐水圧で水滴を弾くため、
防寒能力を維持してくれます

 

 

▶︎カポックコットンを特殊技術で加工したシート

 

 

 

 

カポックノットの商品は、カポック農園、カポック加工工場、縫製工場を経て、みなさまの手元に届くまで、
代表自らが現地へ行き直接契約をしています 。

間に別の業者を挟むことなく直接顔の見えるやりとりしてるからこそ、
これだけの商品をこの価格で提供できるのです。


 

こちらはfarm to fashionのコンセプトムービー

カポック農園、加工工場、縫製工場の人たちで実際に働いている人たちの働いている姿を見ることができます。こうやってカポックノットの服が出来上がっているんですね。

<iframe width="615" height="346" src="https://www.youtube.com/embed/-ZIZcHy7w8A" title="YouTube video player" frameborder="0" allow="accelerometer; autoplay; clipboard-write; encrypted-media; gyroscope; picture-in-picture" allowfullscreen></iframe>

 

 

▶︎カポックノット商品の一部を加工してくれている、縫製工場の方々

▶︎カポック加工工場を見学した際の写真

▶︎カポックの加工工場で働く女性スタッフ

 

 


私たちのブランド、KAPOK KNOT(カポックノット)は、世界一を目指すカポック専業のブランドです。

その名前の通り、カポックという植物由来の天然の綿を使用しています。カポックとは、主に東南アジアに自生しており、日本でも観葉植物として扱われています。

 

 

カポックの生成する綿は、高機能かつエコという特性は非常に注目されていましたが、その繊維の短さから糸にすることが難しく、各社の商品化はこれまで難航していました。
そのため、救命胴衣の詰め物や、クッションなど、限られた用途のみで使用されてきました。

 

ではなぜカポックノットは商品化できたのか。

そんなカポックを、今回は、長年かけて大手企業と共同開発したエシカルダウンカポックというシート(特許申請中)を使用しています。

私たちはこのカポックが世界を救うと本気で考えています!!!

では、カポックの特徴をご覧ください!

 

 

このエシカルダウンカポックはとにかく軽くて暖かい
カポック繊維は中が空洞(中空)になっており、
なんと、コットンの1/8の軽さと言われています!!

みてください!
このふわっふわのカポックコットン!!!

この軽さが、「500gのジャケット」を実現しているんですね。

 

 

カポックは植物由来のため、化学繊維のポリエステルとは違って「呼吸」をします。

湿気を吸って暖かくなる吸湿発熱という機能を持っており、軽さと暖かさの両立を実現しています。カポックはこれらの特徴から、「木に実るダウン」や「ホワイトシルクコットン」とも呼ばれています。 このカポックをリサイクルのポリエステルと混ぜてシート状にしたものが、エシカルダウンカポックです。


 

 


カポックコットンはカポックの木の実からとれる綿のことを指します。
植物由来ですが、木そのものを使用するわけではないので、
森林伐採の必要がありません

カポックの需要が増えれば増えるほど、東南アジアでの雇用創出や緑化、さらには森林保全のサイクルが生まれることになります。

▶︎昨年のMakuakeで大好評だったコートの収益で、カポック農園に新しい苗を植樹してきました

また、従来のダウンは水鳥の羽が使用されていました。一説には、

1つのダウンジャケットには約30羽分の羽毛が使われているともいわれています。

羽毛の採取方法にもいくつかありますが、最近では、動物愛護の観点から、生きた水鳥から剥ぎ取るライブハンドピックは禁止されている国もありますが、ライブハンドピッキング法は質の良い羽毛を採取できる方法としても知られています。

明確にハンドピッキングではない方法を採用している企業もありますが、採取方法を表明していない企業もあるのです。カポックノットの商品で使用する

カポックは木の実由来ですから、その事実に心を痛める必要はありません

 



 


※男性モデル(181cm・がっちり肩幅広め)LLサイズをタイト目に着用

 

 


※女性モデル(172cm・細め)Lサイズをタイト目に着用

 


※サンプルとして作成したもので規定サイズと違うため、カラーのみの参考としてください

 

 

素材
表生地:リサイクルナイロン100%
中わた:リサイクルポリエステル60%、植物繊維(カポック)40%
裏地:ポリエステル100%


原産国]
中国製

着用した方からこんな嬉しいコメントをいただきました!



戦後間もない1947年に私の曽祖父が創業した双葉商事は、今年で74年目になりました。
父はカシミア、母は毛布、叔父は呉服屋、という繊維関係の一族に生まれた私は、
現在の大量生産大量廃棄を前提としたアパレル業界に疑問を持ち
昨年、KAPOK KNOTを立ち上げました。


3年前にカポックを見た時に感じた、
「このサステナブルな新素材は、自分が人生を懸けて取り組むべき仕事である」という感覚は、今でも全く変わっていません。
その確信をもとに、カポックという素材を存分に生かすために、
双葉商事の知見やネットワークを注ぎ込み、丸1年10回以上の試作を経てエアーライトジャケットは完成しました。
フードの立ち方、ポケットやフード裏の肌触りの良い切り替え、レディースのウエストの絞りなど、工業としての衣料でなく、
使い手の気持ちに寄り添った歴史のある双葉商事ならではの仕上がりになっています。

昨年、Makuakeでご支援いただいた皆様のおかげで、
KAPOK KNOTは第1弾のコートを世の中に広めることができました。
本当にありがとうございました。


今回のエアーライトジャケットを第2弾として、
これからも世界にカポック商品の魅力を伝えていきます。


 ゆったりしたサイズ設計のデザインなので、体型を気にせずコーディネートが楽しめます
ジャストサイズで着たい方は、下記早見表のピンク色の枠を参考にお選びください。
タイトめに着たい方は、普段よりワンサイズ下をお選びください。


リスク&チャレンジ

現在、工場とデザイン・仕様を実現できるよう誠心誠意進めています。 しかしながら、開発中の工程において、デザイン・仕様が一部変更になる可能性もございます。 製造スケジュールについては、現在プロジェクト成功を想定した数で調整しておりますが、 ご支援の数が想定を上回った場合、製造工程上の都合や配送作業に伴う止むを得ない事情により、お届けが遅れる場合がございます。 また、サイズ交換は一度のみ対応させていただきますが、 お客様のサイズに合わせてお作りさせていただいておりますので、 返品は不可とさせていただきますことをご了承ください。 最後に、「KAPOK KNOT」の商品を手に取っていただいた皆様に喜んでもらえるよう、 チームメンバー一同心を込めて対応していきますので、応援よろしくお願いします。

【テスト】探し求めていたリュックがここに!ほしかった機能がすべて揃う!

¥25,000