TheCrafted銀座は3/31閉店しました

Shopping Cart

カートは空です

買い物を続ける

「まだ誰も知らない黒を」THE BLACK STAND STANDSブランドインタビュー

皆さんは黒ってどんな色だと思いますか?

性別は?年代は?季節は?どんなイメージを持っているでしょうか?

枠組みを全て無くして、黒は誰が身につけてもいい。

誰かのライフスタイルをワンランクアップさせる色なんです。

いつもの日常の小物が、黒にしてみただけで、少しオシャレに見える。

そんな新しい発見を。黒の売店はそこにあります。

 

THE BLACK STAND STANDSを立ち上げた市来様、後藤様にお話しを伺いました。

 

市来様お写真

誰にでもどんなスタイルでも。黒は自由な色だ。

-THE BLACK STAND STANDSさんが生まれたきっかけを教えてください!
市来:靴業界では、量販店、ブランド直営店が主流です。しかし、どうしてもお客様のニーズを満たせずにブランドロゴが表に出るブランドありきの靴が全体の割合を多く締めています。
最近では、お客様のニーズはストーリー性であったり、意味があるものに対しての消費活動が多くなってきました。
私たちは、「黒」にこだわったコンセプトショップを作ることで、ジェンダーもジェネレーションもシーズンもこだわらない、先入観を無くして持続的にご愛用いただける商品作りをしたいと思っています。

-黒の魅力って?
市来:例えば、元々黒ではないものを敢えて黒にしてみると、「こんなにかっこよくなる!」「こんなにオシャレになる!」というお客様のお声を多くいただきます。
黒のイメージって皆さんどうでしょう?もしかしたら、そんなに良いイメージは持たないかもしれませんね。けれども、黒はとても魅力的な色であると考えてます。
黒の概念を変えていきたい。黒は黒でも1色に留まらないんですよ。黒にも色々な種類がある。黒というワンカラーでも人によって黒の考え方、捉え方が違うと感じています。

-確かにピンクは恋愛の色、オレンジは元気な色など、イメージしますけど、黒はフラットで先入観なく考えられますね!人によって黒へのイメージが違うとは?
市来:そうなんです。例えば、黒は同じ黒いレザーでもシュリンクレザーやスムースレザーなど素材の加工によってもなどの素材によっても与える印象は違いますし、黒の色によって、渋み・深みなども全然違います。

人によって思い浮かべる黒の色が違うので扱っていてとても面白いです。
私たちは黒だから、尖っているとは思っておらず、黒はむしろ色々な表情があるので、幅広くスタイルを表現しています。

黒の売店はそこにある。

市来:私たちは黒の高級店でもなく、黒のセレクトショップでもありません。誰もが気軽に立ち寄れる売店を目指しています。誰でも、どんなスタイルでも、THE BLACK STAND STANDSに寄ってもらえれば、新しいライフスタイルが生まれる。黒を使って日常を豊かにできたり、ファッションを変えてみたり、新しいことに挑戦する後押しができたらいいなと思っています。黒を使って、いつもよりワンランク上のファッションスタイルになりますよ。

 

何者でもない、自分が好きな選択を

-ジェンダー、ジェネレーション、シーズンに拘らない商品を作ろうと思ったきっかけを教えてください!
市来:男女問わず、かっこいい!と思うブランドは人それぞれだと思います。その選択にジェンダーは関係ないですよね。

現在はメンズブランド、レディースブランドなどの括りがありますが、
自分が心から好きなかっこいい!と思えるブランドをジェンダー関係なく、異性ブランドだから、と遠慮することもなく、自分らしく自信を持って選べるようになってほしい。

年齢も季節も、「私には若すぎる」「まだ冬じゃないから」などの理由で諦めてしまうことがあったと思います。

けれども、その時自分が本当に欲しいものを選択できたら、きっと幸せなはずです。

枠組みでしかない事柄に縛られず、本当に自分らしいライフスタイルの実現の一歩をお手伝いできるブランドで在りたいです。


-靴業界のユニセックス対応の遅れは?
市来:靴業界は実はアパレル業界よりも10年ほど、ユニセックスへの対応が遅れていると言われています。そのため、私たちが企画した靴が工場でのユニセックス対応ができなかったりすることもありました。

実際に、レディース企画で販売した商品を男性のお客様から「このデザインでメンズが欲しい!」と言われることもありました。商品をユニセックス展開でつくることができなかった為、結果としてレディースサイズで販売したところ、男性のお客様から欲しいと多くの要望を頂いたという感じです。

黒という色に、ジェンダーは関係ないです。時代は変化していて、自分たちの好きな形の靴を自分で選択できる、自分を表現していい時代になりました。

私たちが男女問わず、良いと思うものをご提案していくことで、靴業界のジェンダーの常識を取り壊して、みんながもっと靴を自分らしく楽しんでいただけたらと思っています。


-スタンダードであることの良さは?
市来:昔は、みんなと違うものがいいという時もありましたが、最近の消費者はスタンダードであることに安心しますよね。私たちはそのみんなが安心するスタンダードに黒という付加価値をつけています。スタンダードだけど、それに満足せず、自分らしい新しいライフスタイルを取り入れられるように。

みんなが身につけている、みんなが良いと思うものだけど、スタンダードでは自分らしくない。そんな時に黒を取り入れてみるとなんだか、かっこよく感じる。黒って素敵な色だねって思っていただけたら嬉しいです。

 

 

黒の可能性をみんなに

-THE BLACK STAND STANDSの今後取り組み
後藤:ジェンダーにもジェネレーションにもシーズンにも囚われない。

レディースとメンズって分ける必要あるんだっけ?とまず世の中の皆さんに当たり前の常識に疑問を持って頂く。分けることで誰も履けないサイズが存在するなどのお客様と生産側のズレをお伝えするなどの社会課題を解決できるのではないかと考えています。また、黒はお手入れも楽なので、お客様に長く愛用いただける色です。

黒で日本のファッションは進化してきたはずなんです。世界に打ち出したきっかけは黒なのに、最近は黒がとっつきにくいイメージになってしまっています。黒を白と同じくらいスタンダードに。例えば、黒の服を着ていると「いつも黒なんですね」なんてお声がけいただくのですが、黒であることが特別ではなく、みんなが魅力を感じる黒をこれからも発信していきたいと思っています。


終わりに
まだ知らない黒の魅力を感じていただけましたか?

黒は誰でもどんなスタイルでも。何かを黒に変えてみたら、こんなにオシャレになるんだ!

という新しい発見で、ワンランク上の新しい自分を作っていく。
少しの変化が欲しい時、黒の売店THE BLACK STAND STANDSに立ち寄ってみてはいかがでしょうか?



THE BLACK STAND STANDS公式オンラインショップはこちらから

 

Edited by Moeka Suzuki(@moeka_design