TheCrafted銀座は3/31閉店しました

Shopping Cart

カートは空です

買い物を続ける

renacnatta

文化を纏う

 

 

Concept

renacnatta(レナクナッタ)は「文化を纏う」をコンセプトにイタリアと日本の素材を組み合わせたアイテムを展開するブランドです。日本とイタリアで使わ「れなくなった」デッドストックシルクが、新たなものへ生まれ変わるというのがブランド名の由来。日本の生地は国内で仕入れた絹の着物の反物を使用し、イタリアの生地は主にヨーロッパのブランドのデッドストックシルクを使用しています。本来なら出会うことのなかった異なる背景を持つ素材が組み合わさり日本とイタリアの文化を纏うスカートとして生まれ変わります。

 

 

Brand Vision

第二の取り組みとして、昔より作ら「れなくなった」斜陽産業の伝統工芸を継承する企業や職人さんとのタッグを組んだ商品も展開しています。日本国内には衰退の一途を辿っている伝統産業がたくさんあります。そんな産業と一緒にものづくりをすることで新しいカタチで纏う機会を提供し、多くの人に知ってもらうきっかけを作ることが当ブランドの役割だと考えています。The Craftedでは久留米絣を使ったKurume Kasuri Maxi(〜5/30)と西陣織を使ったNishijin Collectionを展示しています。

 

 

Nishijin

 

西陣織の起源は1200年前の平安時代にまで遡り、 都が誇る伝統産業として日本の絹産業に貢献しました。 しかし、1975年頃をピークに人々の“着物離れ”が始まり、 生活の洋風化とともに産業は衰退。 その課題解決のために 西陣織を多くの人に知ってもらうきっかけになればとNishijin  Collectionを立ち上げました。 ポリエステルの糸で織り上げた生地は水や摩擦に強く、絹の西陣織より扱いやすくなっています。 絹に劣らない柔らかい質感、上質な光沢感を楽しんでいただける 現代に生きる西陣織をお楽しみください。

 

 

cravatta by renacnatta

クラヴァッタ・バイ・レナクナッタは一点ものネクタイ専門のアップサイクルブランドです。私たちが多様なファッションを楽しんでいるように、人々が着物を普段着として当たり前に楽しんでいた時代がありました。今でこそ着物といえば和柄を想像しますが、普段着とされていた時代に生まれた着物たちは「和」とくくるにはもったいないほど、デザインに富んでいます。そんな少し昔に作られた遊びごころある着物たちが、現代を生き抜く紳士たちの装いにエッセンスを与えられますように。現代において着られることの少なくなった着物をアップサイクルし、新たな価値を創造します。

 

 

商品の購入はこちら