TheCrafted銀座は3/31閉店しました

Shopping Cart

カートは空です

買い物を続ける

Ay

"文化を織りなおす" 伝統工芸品「銘仙」アップサイクルブランド

Craftsmanship

「銘仙(めいせん)」をご存じでしょうか?大正〜昭和初期にかけて北関東で生産され、当時10人に1人の女性が着ていた着物です。普段着として一般女性に愛された先染めの平織り物ですが、洋服の台頭により衰退して半世紀が経ちました。群馬県伊勢崎市が誇る「併用絣」は、経糸と緯糸それぞれに色数分の型を使い手捺染を施し、それを14工程それぞれに特化した職人の連携・地域全体で担っていた再現不可能な技術です。約100年前につくられた着物を一つ一つ丁寧にほぐし、新たに洋服に生まれ変わります。

 

Brand Concept

“文化を織りなおす”

Ayは紡がれた工芸や技術に向き合い、ほぐし、新しい価値を添えて発信するカルチャーブランド。銘仙という着物の価値を捉えなおし、テキスタイルとして活用し洋服という選択肢を提案。銘仙の着物を一つ一つ丁寧にほぐし、アップサイクルしたお洋服をお届けします。

 

Founder's voice

 

私の郷里である群馬県伊勢崎市。銘仙との出会いは中学生の頃、地元に素晴らしい文化があることに誇りを持ちました。しかし、どこも誰もつくれないことを知って知ってとても哀しく、何かできないかと必死に考えました。ヴィンテージ着物をアップサイクルすることで、古き良き文化を再び現代の生活を彩ってくれます。ぜひ"文化を織りなおす"体験にご参加ください。

 

Features

 

⒈シルク(絹)100% :群馬県は、奈良時代から養蚕が開始されたと言われています。紡がれた生糸は日本全国へ、そして世界へと飛び立ちました。

⒉軽くあたたかい:とても軽い素材で、保温・保湿力があるのであたたかい。

⒊モダンなテキスタイル:発色が良く、モダン。幾何学模様や抽象画のようなテキスタイルが独特です。 

商品の購入はこちらから