TheCrafted銀座は3/31閉店しました

Shopping Cart

カートは空です

買い物を続ける

鍋島 虎仙窯

100年後の鍋島焼の未来を豊かにする

 

Brand Vision

私たちの祖先(川副家)は主に置物や釉薬研究などを行う細工人の家系として代々技術を継承してきました。昭和38年(1963年)に当時、末っ子であった祖父川副為雄が 現鍋島虎仙窯を創業しました。これからの鍋島虎仙窯はより多くの人達に鍋島の文化・歴史を知って頂き、江戸時代から「秘窯の里」として愛されてきた大川内山に受け継がれる 鍋島焼文化を100年後へ残していきたいという想いから「鍋島焼文化の確立」というビジョンを掲げ、産地の明るい未来を創造して参ります。

 

 

Brand Concept

1675年、将軍への献上品を作るため、肥前国の有田・伊万里(佐賀県有田町、同県伊万里市)地域で選りすぐりの陶工31人を集結させて鍋島藩が築いた藩窯。これが鍋島焼のはじまりです。庶民には決して手に入らない、将軍や大名だけが使うことのできた最高の品。私達は鍋島の文化・歴史を背景に「大名の日用品」というコンセプトのもとに取り組んでおります。

 

 

Craftsmanship

鍋島焼とは、1675年将軍への献上品を作るため、肥前国の有田・伊万里(佐賀県有田町、同県伊万里市)地域で選りすぐりの陶工31人を集結させて鍋島藩が築いた藩窯でした。鍋島虎仙窯の祖である川副家は陶器の製作や釉薬研究を行う細工人の家系として代々技術を継承してきました。これまで継承されてきた鍋島焼の文化、歴史、技術、技法、を背景に、現代の私達だからこそ出来る、ものづくりの世界を目指して日々取り組んでおります。

 

 

Founder’s Voice

私達、鍋島虎仙窯は360年以上継承されてきた鍋島焼の文化を進化、発展させていきます。廃藩置県以降、民窯となった産地の組織構成から全てにおいて改革を行い100年後の未来の職人達の為に、世界に誇れる、ものづくりの産地を目指しております。

 

 

商品の購入はこちらから

https://nabeshimakosengama.stores.jp/